醍醐寺のほとけ様

往立空中の阿弥陀佛

醍醐寺のご本尊は『観無量寿経』に記された【往立空中の阿弥陀佛】。 教えを説くために、観音・勢至の二菩薩を伴い、天空から降臨して空中にお立ちになるお姿を表しています。 醍醐寺の空中阿弥陀、是非拝観下さい。
往立空中の阿弥陀佛

本尊:阿弥陀三尊

・醍醐寺のご本尊は『観無量寿経』に記された【往立空中の阿弥陀佛】です。

 

 私たちに教えを説くために、観音・勢至の二菩薩を伴い、天空から降臨して空中にお立ちになるお姿を表しています。

 佛前に端座されますと、あたかも三尊が金色の雲に乗って、拝む人へ近づいて来られる心地がいたします。

空中阿弥陀の脇仏として阿弥陀如来の智慧を象徴しています。
勢至菩薩

勢至菩薩

・阿弥陀如来の【智慧】の光を象徴しています。

 

 欲望と執着と精神のみの世界を輪廻することから超越し、迷いの世界から脱け出ようと説かれます。

醍醐寺の御本尊。空中阿弥陀です。極楽浄土の救主です。西山浄土宗では空中にお立ちになっている表現に説かれている様に立像となっています。
阿弥陀如来

阿弥陀如来

・西方の極楽浄土の救主で、生けとし生けるものすべてを救うほとけ様です。

 

 また、無量の光で現世をあまねく照らされます。それ故に、無量寿如来とも無量光如来とも呼ばれています。

醍醐寺の本尊、空中阿弥陀の脇仏として阿弥陀如来の慈悲を象徴しています。
観音菩薩

観音菩薩

・阿弥陀如来の「慈悲」のこころを象徴しています。

 

 千手観音や馬頭観音など三十三の姿に変化され衆生を救うことに忙しく立ち働いておられます。


胎蔵界大日如来像

醍醐寺の御本尊、空中阿弥陀と並び境内にお祀りされているのが胎蔵界大日如来坐像です。胎蔵界大日如来は金剛界大日如来に比べ作例数が少なく、しかも半丈六の堂々たるお姿が発するパワーは圧倒的。   本体は一本の木材から彫られている『一木造り』で金泥仕上げ。 平安時代後期の作風
胎蔵界大日如来
空中阿弥陀を本尊とする醍醐寺の境内にある大日堂にお祀りされている胎蔵界大日如来です。顔から胸は制作当時の面影を残しています。
大日如来
空中阿弥陀を本尊とする醍醐寺の大日堂にお祀りされている胎蔵界大日如来坐像。胎蔵界大日如来は金剛界大日如来に比べ作例数が少なく、半丈六の堂々たるお姿が発するパワーは圧倒的。本体は一本の木材から彫られている『一木造り』で金泥仕上げ。 平安時代後期の作風。
大日堂

大日如来坐像(座高135cm)

 

 境内の大日堂にお祀りされている胎蔵界大日如来坐像です。

 

 胎蔵界大日如来は金剛界大日如来に比べ作例数が少なく、しかも半丈六※¹の堂々たるお姿が発するパワーは圧倒的です。

 

本体は一本の木材から彫られている『一木造り』で金泥仕上げ。

平安時代後期の作風を特徴的に残し、醍醐寺への遷座から数えて平成二十八年(2016)で350年を迎えました。

 

 胎内文書には江戸時代に腕や脚を修復したことが記されておりますが、顔から胸にかけては制作当初のままで、八百年の時の流れがしのばれます。

 

 像と共に岐阜市重要文化財指定を受けた木札には寛文6年(1666年)に土中から出てきた本像のために一宇※²を建立してお祀りしたと記されています。

 

※¹・・佛像の大きさ(高さ)丈六(座像の場合2.43m)

※²・・一棟の建物