西山浄土宗とは

(せいざんじょうどしゅう)

宗祖法然上人の説明です。浄土宗をおつくりになられ念佛を広められました。空中阿弥陀の醍醐寺は法然上人の流れをくむ西山浄土宗の寺院です。
法然上人像(醍醐寺所蔵)

 

今からおよそ850年前に宗祖法然上人(ほうねんしょうにん)が開かれた浄土宗の嫡流で、法然上人の弟子である流祖西山上人の信仰を継承する宗派です。

 

その教えは浄土三部経に基づき、『観無量寿経』に説かれる念佛往生の教えを疑う事無く、阿弥陀佛が用意して下さった念佛『南無阿弥陀佛』によって阿弥陀佛の大悲願力に帰命し、念佛の歓びに生きがいのある人生を開く事を旨とします。

 

帰命(きみょう)・・身命を投げ出して佛の教えに従う事